コールセンターのストレス

いたずら電話の中馬?酔っ払い電話のストレス

更新日:

私がストレスを覚える電話の一つとして、酔っ払いさんのお相手です。
その名も酔っ払い電話。

お酒の力を借りて文句を言いたい人は、ここぞとばかりに激怒して電話をかけてきます。
が、ろれつが回っていなくて大声だから、全くもって聞こえない…
「何とか言いやがれ!」
みたいなこと言われても、まずあなたの言っている事がわからないから答えられないよ、という感じ。

だからといって、
「お客様、お酒を召し上がっていらっしゃいますね」
なんて言えないですもんね。
ただ滑舌が良くない方なのかもしれないですし…(って、ろれつが回っていないのと滑舌がよくないのは、聞いていても違いますが)

酔っ払い電話は何回か取っていますが、私が一番ストレスを感じた、悲しい電話がありました…

損害保険の自動車事故受付の電話に、
「ロードサービスを頼んだのに来ない!」
と、昼間から大激怒の男性、Bさんから電話がかかってきました。

その日はロードサービスは混雑していなかったのですが、もしや何かトラブルがあってレッカーの手配ができないのか?と思ってお話を聞いていました。
うちのコールセンターは混雑している時は「○分待ち」という指示が出ますし、オペレーターが空いているかどうかは随時確認できます。

B「山の中で故障して動けないって昨日から何度も連絡しているのに、なんでレッカーが来ないんだ!」
私「昨日の故障でまだ来ないんですか!?」

思わず私もビックリ。
そんな事は震災や大雪、引き上げ不可能な場所でもない限り、まずありえません。

しかし、気になるのはBさんが使っている電話番号。
発信者番号通知されているのですが、固定電話の番号だったんですよね。
更に言っちゃうと、Bさんが電話をかけてきた履歴は一件もなし。
これはもしや…?

私「お客様、今はどちらからお電話されていますか?」
B「自宅からに決まってるじゃねーか!」
私「では、故障したお車は、今ご自宅に?」
B「当たり前だろ!」

…当たり前じゃないしっ!
故障で動けなくて、レッカーも来ていないのに何故自宅!
でも、レッカーが来ないばっかり言っているので

私「申し訳ございません。改めてロードサービスの係りにお電話をおつなぎ致しますね」
B「あぁ、さっさとしろ~!こっちは山の中なんじゃい!」
…コトッ。

この、コトッって音が私にストレスを与えた恐怖の音です。
電話を切るわけでなく、受話器を置きやがった!
というわけで、もちろんその後は何度も呼びかけても応答なし。
私は見事に放置プレイされたのです。

このまま電話を切っていいのかなんなのか…
SVさんに一応相談をして、その後3分程呼びかけ続けて電話を切りました。

トーク力じゃなんともできない、この放置プレイ。
頼むから切ってくれよ…と何度思ったことか。
ストレスは軽く~なんて言っている私ですが、とってもストレス感じちゃった一件でした。







-コールセンターのストレス
-, ,

Copyright© コールセンターLIFE , 2018 All Rights Reserved.