コールセンターで働く コールセンターの業務

コールセンターのイメージと現実

更新日:

コールセンターっていうと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

まだコールセンターで働いたことがない方だと、こんな感じでしょうか。
事務的で、ひたすら座り仕事で肩がこりそう。
体力勝負というより、コツコツ仕事をしていくというイメージの方もいるかもしれません。

ひたすら座りっぱなしで肩こり…というのは、間違いないと言ってもいいかもしれません。
私だけでなく、周りの先輩方だってみ~んな悩んでいますからね。

ただ実際に働いてみると、ずっと喋りっぱなしで体力が必要だということに気づくはずです。
これは結構大変で…更に頭も使う仕事なんですよね。
おかげでカロリー消費が凄いのか、太らなくはなってきました(汗)

でも、そこまではどこのコールセンターでも変わらないと思うのですが…
実は「まさに体育系!」といった、恐ろしいコールセンターもあるんですよ。

恐ろしい…というのは、私はガチガチの体育会系は苦手なタイプなのです。
まったり、自分のペースでいきたいタイプなので。
あ、仕事をタラタラやるという意味ではないんですよ。
気持ち的にゆとりがほしいタイプなんです。

仕事探しをしていた時に、今の会社ともうひとつの会社(ここからはR社とします)で迷っていました。
とりあえず今の会社を受けてみて受かったので、R社には応募はしませんでした。

ただ、入社してから知ったのですが…
実は今の会社とR社は関連会社で、仕事上の絡みもあるところだったんです。

そういったつながりもある関係で、R社の情報というのはちょくちょく入ってきます。
私が入社したころは、うちの会社もR社もほとんど条件や環境は変わりませんでした。

しかし…
R社の社長が交代。

R社の社長は、バリバリ体育会系のコールセンターにしたいと考えていたようで、どんどん厳しい環境に変化してしまいました。

・車通勤の人は駐車場を使ってはいけない。
・飲み物を飲む時は、立って飲まなくてはならない。
・お客様からの電話を取りこぼしてはいけない。
・会社が望む対応をしなければ、評価を下げる。(つまり、歩合分のお給料が減る)
…などなど。

なんだか「何故?」っていうことが多々ありますよね。
駐車場は車通勤の人が使うべきだし、飲み物を立って飲むなんてお行儀悪いし。

日々色々と変更事項があるR社は、いよいよ「アルバイトからは社員登用しない」となってしまったそうです。
新卒採用しか社員になる道はないので、新入社員の採用人数がぐーんと増えました。

しかし、残念ながら…いわゆる優秀な人材という人たちはどんどんR社を辞めていっています。
「社員登用しない」というのが、決定打になってしまったんです。

当たり前ですよね。
アルバイト契約のSVさん含め、フルタイムで長期働こうと思っていたら、いつか社員になることも検討するもの。
その道が閉ざされて、頑張っても昇給の可能性は低い…
気分もげんなりですよね。

そういった体育会系の会社が好き、という方もいらっしゃるかもしれません。
コールセンターでも様々な環境があるものですね。







-コールセンターで働く, コールセンターの業務
-, ,

Copyright© コールセンターLIFE , 2018 All Rights Reserved.