体験談

久々の体験談。ザ・ブラック企業に要注意。

更新日:

最近、アウトバウンド(発信業務)のことを書いていなかったような気がするので、久しぶりに体験談を。

私のコールセンター勤務のことをよ~く考えてみたところ、実は一番最初に働いたのはアウトバウンドのコールセンターだったということに気づきました。
しかも、ブラック企業として超有名なところです。

もちろん、当時(15年近く前)は学生で、ブラック企業だなんて知らずに入社したワケです。
知らぬが仏とはよく言ったもんですね…

ただ、それまで働いていたファーストフードと比べたら、時給は350円も違ったので、私には求人情報が輝いて見えました!
ついでに「ノルマ無し」という表記が、ますます輝いて見えたんですよね。

しかし、ブラック企業。
入社してから「え? この会社って何?」みたいな所が多々ありました。

懐かしき思い出…でも過酷だった体験をちょっと書いてみたいと思います。

入社初日。
通された部屋は、パーテーションも何もない所でした。
なが~い机が数本置いてあって、そこに電話機がいくつも並んでいる感じ。

…これがコールセンター?

とまぁ疑問には思いましたが、初めてのコールセンターだったので「そんなものか」と納得することにしました。

ちなみに、隣は営業部がありましたが、全然仕切られてもおらず。
朝から体育会系の声だし!で社訓みたいなものを大声で言っていましたね。
ここですでに恐怖を覚えました。

そして実際の業務はというと、国際電話のサービス案内のアウトバウンドコールでした。

「ノルマは無し! だけど、1時間に1件取れて当たり前だから」
…て、それはノルマとどう違うのよ!というプレッシャーをかけられておりました。

ちなみに、マニュアルは紙1枚
そこに書かれている通りに喋って、書いてないことを聞かれたらまぁ適当に対応して、というなんとも恐ろしい待遇。
研修なんて、タイムカードの切り方以外は全くありませんでした。

毎日怒号が響き渡るオフィス。
電話している最中にもかかわらず、隣でSVさんからでぶーぶー文句を言われ…なんたるストレス!

それでもね。
やりました。
1ヶ月勤務しました。
元々春休みだけやるつもりだったので、やりきりましたよ。

1時間に1件のノルマを達成できた人は1人だけ。
その人はなぜか1時間に3~7件くらい取れちゃう凄腕のオペレーターさんで、たまぁに私に1件分けてくれたもんです。
だって私、1日に1件も取れない時がありましたからね…。

ノルマを達成できないどころか、全く1件も取れない日々が続いていて、でも自分から辞めない私。
SVさんは「辞めろ」とも言えない立場のようで、私は放置されっぱなしでした。
で、たまぁに1件とったら、やたら褒めてくれました。
…完全に馬鹿にされてた感じですけどね。

で、春休みが終わる頃には馬鹿にされていた感じがピークに達していました。
チクチク文句言われるとかじゃなくて、新人さんに「これが悪い見本です」と紹介されていたりして。

「悪い見本ばんざーい」くらいの気持ちで開き直れるわけもなく、毎日毎日ストレスが溜まって仕方がなかったです…
短期で良かった。

ちなみに、1日で辞めていく人が本当によかったです。
まさに使い捨てですね。
すべてが適当で、怒鳴りちらしてなんとかしようとする、一番嫌なコールセンターでした。

このブラック企業はぼちぼち有名企業でしたが…
今はコールセンター事業ってやってるんですかね?







-体験談
-, ,

Copyright© コールセンターLIFE , 2018 All Rights Reserved.